専門家に問い合わせる: +81-42-401-6586
Laser Wire Solutions > レーザーワイヤーストリッピング/ケーブル加工について > レーザーワイヤーストリッピングが有効な事例

レーザーワイヤーストリッピングが有効な事例

Mercury stripped wire selection

レーザー加工は以下の状況に最適です (刃物による加工が対応できない場合、および安全上の理由から化学的方法が除外される場合)。

細いケーブル

  • 極細ケーブルー – 38 AWG未満
  • 細線同軸– 特に40 AWG未満、および/または特に細線同軸リボンケーブル – シールドも加工することができます!

医療、防衛、および航空宇宙市場の高価格 / 高品質ケーブル用途

  • 非常に薄い絶縁材 (刃による加工が導体に損をつける場合)。例えば、超音波ケーブル、高周波アブレーションカテーテルまたはペースメーカー電極用途
  • 金属外皮。例えば、高出力の高周波ケーブルおよび高温用シース熱電対用途
  • マイクロ波同軸ケーブル。

加工難易度の高いケーブル / 労働集約的なケーブル

  • フォイル絶縁。例えば、2軸データケーブル等
  • リボンケーブル
  • 絶縁材が接着されたワイヤー
  • 頑強な絶縁材。グラスファイバーなど
  • 丸ケーブルから。

マグネットワイヤ / エナメル被覆ワイヤー

  • 38 AWG未満の薄型マグネットワイヤー
  • リボン化マグネットワイヤ― (バイファイラ、トライファイラなど)
  • 高品質な加工が要求される微小なマグネットワイヤ―コイル。

複雑な加工パターン

  • 機械的な加工では難しいが、レーザーでは簡単に加工が可能なウィンドウ成形および複雑な加工パターン。

品質

  • 加工品質が最優先される場合。傷および残留物が許容されない場合。
  • 用途ページをご覧頂き、ワイヤーの種類に対し、適したレーザーを検討してください。

あるいは、弊社にご連絡・お問い合わせください

お問合せと購入

レーザーケーブルストリッピングの詳細や、貴社の厳密な要件の照会は、弊社のエキスパートに今すぐご連絡ください。

連絡先:+81(0) 42-401-6586弊社へのメッセージ送信