専門家に問い合わせる: +81-42-401-6586
Laser Wire Solutions > レーザーワイヤーストリッピング/ケーブル加工について > レーザーワイヤーストリッピング/加工を選ぶ理由

レーザーワイヤーストリッピング/加工を選ぶ理由

Artistic laser wire stripping shot

レーザーによるケーブル加工は、刃物による機械や手動加工といった既存の方法に対し様々な優位性を評価され、採用される加工方法です。 高精度、高品質を実現できるため、要求される加工によっては、唯一のソリューションとなります。

  • 品質 – レーザーは傷の付かない精密なケーブルワイヤー加工を行います。 (レーザーは導体を損傷させずに、被覆材の除去化が可能であるため)。
  • 加工の一貫性 – 例えば刃物のように切れ味の変化によって再調整を必要とするような加工精度の変動がレーザー加工は極めて低く、+/- 0.004インチ (0.102 mm) の域内で加工を再現します。
  • 高生産性 – 一度に複数のケーブルを加工できます。
  • 汎用性 – 細やかなカスタマイズによって単なるストリップに止まらない様々な加工が可能です。これにより多種多様なワイヤーやケーブルへの対応が可能です。
  • 加工速度 – 最大で毎秒2000 mm の加工速度により、最高速の処理を実現。
  • 難加工ケーブル – 密着の強い絶縁材、および金属やシールド付き多芯線などを、ケーブルから簡単に加工する事ができます。
  • オートメーション – インライン化オプションを利用できます。
  • ロスの少なさ – 高い歩留りにより、ロスを極めて少なく抑える事が可能です。
  • リスクの極小化 – その加工原理から、製造および最終製品の使用における不具合のリスクを極めて低く抑える事が出来ます。これは例えば、医療機器、航空機向けの製造等極めて高い品質を要求される分野での強みとなります。
  • 少ない摩耗 – レーザーは接触がない加工であるため、摩耗する対象がありません (刃物による機械加工やハンドツールのような刃の交換が不要)。
  • 安全性 – 弊社の レーザーシステムそのものはクラス4のものですが、安全を考慮して設計された装置内にシステムが格納されているため、装置としてはクラス1に分類されます。これによりレーザーに配慮した環境は不要です。すべての装置には二重のフェイルセーフ インターロック付き光学機構とモニタリングが取り付けられています。健康および安全への対策として、排煙装置が取り付けられます。弊社の全装置はUL、OSHAおよびEUで定められる規制を満たすのみならず、それを上回る仕様です。
  • メンテナンス – フィルターの定期的な交換、レンズ清掃用レンズ拭き以外に、消耗品がほとんどありません。高いエネルギー効率 – 弊社のシステムの多くが単相電源の使用により低電力で稼働します。
  • レーザー加工が貴社にどのような利点をもたらすかをご覧いただけます。今すぐになんなりとご連絡ください。

お問合せと購入

レーザーケーブルストリッピングの詳細や、貴社の厳密な要件の照会は、弊社のエキスパートに今すぐご連絡ください。

連絡先:+81(0) 42-401-6586弊社へのメッセージ送信