専門家に問い合わせる: +81-42-401-6586

ワイヤー加工受託サービス向けの主な用途

弊社のワイヤー加工受託サービスに適した主な用途のいくつかを以下に示します。

医療用電極

これには多くの形式があり、薬剤送達支援、神経刺激電極、精密熱電対、ペースメーカー電極などがあります。 弊社では、こうした電極を被覆除去、錫メッキをすることができます。 ワイヤーはリールや個々のカット長さで包装することができます。

生体適合ポリマーによるマイクロ加工コンポーネント

医療機器は生体適合ポリマーをマイクロ加工した小さなコンポーネントを使用して設計されることが多くなっています。 レーザーマイクロ加工は金属に広く使用されている技法ですが、ポリマー基材に適用した場合、この方法は素材の熱感受性による問題が生じます。 弊社では最新鋭の短パルスレーザーを使用してポリマーへの熱伝達を管理し、再現性の高い処理で、明瞭なエッジと穴の輪郭を確保しています。

マイクロ同軸ケーブル

このケーブルは卓越した高周波性能により、医療機器に広く使用されています。 主な用途は超音波エコー用ケーブルであり、256本ものマイクロ同軸ワイヤーをケーブルアセンブリ内に使用することもあります。

新しい用途の開発や少量生産の場合は、マイクロ同軸ワイヤーの被覆除去に必要な設備投資は予想以上に高額です。 弊社がこの非常に高度な技術的ケーブルに関する負担を肩代わりし、貴社に代わってケーブルを加工します。

医療機器のワイヤリング

医療機器は複雑な小口径のワイヤーで溢れており、機械的ツールで確実に除去することは困難です。 同軸ケーブル、リボンケーブルまたは非常に細いワイヤーであっても、レーザー加工は実現可能なテクノロジーです。 早期研究開発でレーザー加工を設計することにより、貴社の次期プロジェクトの初期段階から弊社を関与させてください。 あるいは、弊社の自動化されたカット・加工機により、製造コストを下げ、性能を向上させてください。

ワイヤー加工において、貴社に対して弊社がどのような支援ができるかを知るため、今すぐご連絡ください