専門家に問い合わせる: +81-42-401-6586

データケーブル加工

用途 | データ

InfiniBandは高性能コンピューティングやエンタープライズデータセンターで使用されます。 弊社の Mercury レーザーケーブル加工機は外装やほとんどのマイラーシールドを効果的に除去する一方、Gemini マシンは残留シールドを除去します。

シールドされたデータケーブルには多様な構造があるので、この用途には、一般的にMercury およびGemini レーザーケーブル加工機の組み合わせをお勧めしています。

マイクロ同軸リボンは、一般的にディスプレイ装置への高速データ転送に使用されています。 こうしたケーブルは非常に近接したピッチや細いシールドのために、ケーブル加工に特有の課題をもたらします。 弊社のマイクロ同軸ソリューションがより多くの情報を供給します。

お問合せと購入

データケーブル加工の詳細や、貴社の厳密な要件の照会は、弊社のエキスパートに今すぐご連絡ください。
連絡先:+81(0)42-401-6586弊社へのメッセージ送信

レーザーケーブル加工機を弊社からご購入いただくことにより、弊社の現在の知識や専門知識をご活用いただけます。 弊社は、貴社の新しいマシンの設置や設定を直接現場でお手伝いするとともに、継続的なサポートやサービスを提供します。

Laser Wire Solutions は自社のコアになる専門知識を基盤に、0.1 mmピッチ以下の先端的レーザー半田付け能力の開発を行っています。 人間のオペレータに依存しているお客様にとって、既存の方法に取って代わる自動化された精密マイクロ加工および半田付けプロセスを開発しています。

どのようなサイズ、精度、量、あるいは材料であっても、お客様の製造に関する問題の解決案を喜んでご提案いたします。 弊社の市販システムが適さない場合は、貴社の希望する用途や目的に最適なシステムを特注で製造することができます。