専門家に問い合わせる: +81-42-401-6586

医療用ケーブル加工処理

用途 | 医療

カテーテルは医療用プローブや機器を必要な組織に導くために使用されます。 操作性を改善し、機能を向上するために、ワイヤーのサイズを細くすることが最も重要な要件となります。 その結果、こうした細かいワイヤーの頑丈な絶縁体を除去するために、新しく、よりよい方法の探究が始まるのです。 弊社のテクノロジーがどのように役立つのか、より詳しくご覧ください。

心臓ペースメーカーの電極は非常に薄く、透明な絶縁体 (多くの場合PTFE) を持った極めて柔軟なばね状電極であり、従来のレーザーストリッピングテクノロジーでは簡単に被覆除去できません。 弊社がこのようなコーティングを効果的に除去するシステムをどのように設計したかご覧ください。

弊社のケーブル加工機である Odyssey 製品レンジは医療用パワーツールに最適なソリューションです。

皮下チューブはカテーテルのバルーン部分にはめ込む金属の長い管です。 バルーンカテーテルは詰まった動脈を開くために使用されます。 そうした皮下チューブのはみ出したコーティングの除去をレーザーを使用してどのように自動化できるかについて、さらにお読みください。

小口径単一導体は、医療機器では非常に一般的で、カテーテルによって送達される機器、人工内耳や補聴器に使われていますす。 弊社は、50 AWGの細さまで、またそれ以下のワイヤーから導体を損傷せずに絶縁体を除去するソリューションを得意としています。

弊社のレーザーケーブル加工機は、シールドされたマイクロ同軸 (超音波振動子ケーブルなどにある) の被覆除去、および小型リボンアセンブリでの精密ウィンドウの形成において独創的な能力を提供します。

お問合せと購入

リボンストリッピングの詳細や、貴社の厳密な要件の照会は、弊社のエキスパートに今すぐご連絡ください。

連絡先:+81(0)42-401-6586弊社へのメッセージ送信

レーザーケーブル加工機を弊社からご購入いただくことにより、弊社の現在の知識や専門知識をご活用いただけます。 弊社は、貴社の新しいマシンの設置や設定を直接現場でお手伝いするとともに、継続的なサポートやサービスを提供します。

Laser Wire Solutions は自社のコアになる専門知識を基盤に、0.1 mmピッチ以下の先端的レーザー半田付け能力の開発を行っています。 人間のオペレータに依存しているお客様にとって、既存の方法に取って代わる自動化された精密マイクロ加工および半田付けプロセスを開発しています。

どのようなサイズ、精度、量、あるいは材料であっても、お客様の製造に関する問題の解決案を喜んでご提案いたします。 弊社の市販システムが適さない場合は、貴社の希望する用途や目的に最適なシステムを特注で製造することができます。