専門家に問い合わせる: +81-42-401-6586
Laser Wire Solutions > 用途 > 医療用ケーブル加工処理 > リボンストリッピング

リボンストリッピング

Window stripping of fluoropolymer bio-compatible ribbon cable

マイクロ同軸リボン

Micro-coax magnified
マイクロ同軸の拡大

シールドされた同軸ケーブルは多くの医療機器の相互接続に使用されています。 典型的な例には、超音波振動子ケーブルがあります。 可能な限り柔軟なケーブルによって、高密度の高周波信号を伝送する必要があり、高密度マイクロ同軸リボン中での導体サイズを非常に小さなサイズに限定しています。

ワイヤーのタイプ セクションで、マイクロ同軸リボンの被覆除去に関する説明を参照してください。

精密ウィンドウストリッピング

医療機器市場での新しい相互接続の開発は着々と続いています。 細いワイヤーの最もコンパクトで効率的な接続を追求して、開発者たちは小型リボンケーブルアセンブリに精密ウィンドウを作り出す Laser Wire Solutions の独創的な能力を活用し始めています。

42 AWG Quad Ribbonized Catheter Cable
レーザーにより選択的に被覆除去とカットが行われるエナメル被覆42 AWG 4リボン化カテーテルケーブル

Window stripping of fluoropolymer bio-compatible ribbon cable
レーザー加工による7つの精密ウィンドウを持ったフッ素重合体の生物適合性リボンケーブル。 Temp-Flex (Molexの子会社) によって製造されたPFAがコーティングされたリボンケーブル。

最新の精密光学ビーム送達の開発とリアルタイム画像システムを組み合わせることにより、リボンケーブルに小さなウィンドウを作り出す比類のない技能を提供できます。 リボンケーブルにウィンドウを作ることは、ワイヤーのピッチが終端で固定され、ケーブルをコネクタ化するプロセスが大幅に簡素化されるとともに、スピードアップされるので、製造プロセスにとって有利です。

レーザーケーブル加工機の Odyssey 製品レンジのこのような適用の詳細をお読みください。

リボンのウィンドウアブレーションに加えて、個々のワイヤーを異なる長さにカットしてコネクタ設計を向上することが望まれることがよくあります。 システムの一部にレーザーカッティングを組み込むことにより、いつでも最適な結果を実現することができます。

お問合せと購入

リボンストリッピングの詳細や、貴社の厳密な要件の照会は、弊社のエキスパートに今すぐご連絡ください。

C連絡先:+81(0)42-401-6586弊社へのメッセージ送信