専門家に問い合わせる: +81-42-401-6586

フレックスケーブルのレーザー加工

FFC window stripped with laser wire stripper

フレックスケーブルはエレクトロニクス業界で広く使用されています。 フレックスケーブルは大量に生産され、一般的に除去処理を必要とせず、接続ポイントはケーブルの製造時に形成されます。 しかし、ニッチ用途では、高価なツールを必要とせずに特定用途の特注フレックスケーブルを短期生産する上で、レーザー処理が強力な方法になります。

以下に、フレックスケーブルでの電気ケーブル加工の3つの応用例を示します。

フレックスケーブルのカッティングとシェ―ピング

フレックス電気ケーブルにはポリマー基材に埋め込まれた銅の導体があります。 Odysseyシステムは、導体とポリマー基材の両方でクリーンな焦げのないカットを実現するのに最適です。

Flex cable laser cut
Odysseyレーザーケーブル加工システムを使用したフレックスケーブルのレーザーカット

フレックスケーブルの接続ウィンドウ

フレックスケーブルで追加の終端位置が必要な場合は、Mercury-4テクノロジーを使用してリボンの一部を除去することができます。 高速除去がクリーンな被覆除去を行い、下にある導体に残渣を残しません。

Flex cable laser stripped - window pattern
Mercury-4 レーザーケーブル加工機を使用したフレックスケーブルのウィンドウ除去

Mercury-4システムは、除去パターンを生成するためにプログラムが可能であり、様々な用途に役立つ卓越した電気ケーブル加工機になっています。

フレックスケーブルの折り畳み

フレックスケーブルは特定のハウジングに合うように、しばしば折り畳む必要があります。 Mercury-4システムは折り目を作る上で最適です。 Mercury-4の超高速加工は、導体を露出せずにポリマーコーティングにカットする溝を入れることができます。 この溝は折り目を与えるため、フレックスケーブルは折ると、この折り目に従います。

Folding Flex Cable laser stripped
レーザー除去によるフレックスケーブルの折り畳み

お問合せと購入

フラットフレキシブルケーブルのケーブル加工の詳細や、貴社の厳密な要件の照会は、弊社のエキスパートに今すぐご連絡ください。

連絡先:+81(0)42-401-6586弊社へのメッセージ送信