専門家に問い合わせる: +81-42-401-6586

巻戻しシステム

弊社は一流企業のお客様と協力して、自動化された生産ラインに複数のケーブルを同時に供給するパワフルなマルチステーション巻戻しソリューションを開発しました。この装置には、各ケーブルに複数の動力付き巻戻し装置と、次のワイヤーの接合によりスプールを切り替えることができるワイヤー格納装置 (「蓄積装置」) が組み込まれており、自動ラインを止めることなく連続製造が可能になります。

このモジュラーシステムの全体的な利点は、ダウンタイムのない連続生産と無駄になるワイヤーが最小限に抑えられることです。これは、個々のプロセスやケーブル要件に合わせて適合可能な、すぐに使用できるソリューションです。

本システムの主な特長:

  • 多目的-どのようなタイプのケーブルも自動化された生産ラインに巻戻すことができます。例としては、2軸データケーブルや航空宇宙向けワイヤーなどがあります。
  • 適応性 - 多数のスプールを一度に1つずつ、または同時に供給することができます。
  • 統合性 - 既存ラインへの統合が簡単。
  • コントロール - ケーブルは張力をコントロールして供給されます。自動ケーブルブレーキ/クランプシステムがケーブルの端を保持します。
  • モジュラー - ケーブル数の変化に対応できます。モジュールはどの段階でも追加できます。各モジュールは他のモジュールから独立して操作できます。
  • 人間工学に基づく設計-モジュールは占有面積を最小化するため、2つを積み重ねたり、背中合わせに配置することができます。
  • 簡単なローディングと使用。
  • メンテナンスが簡単 - 前面バンクと背面バンクを分離する車輪付きモジュール。
  • 余裕のある容量 - 蓄積装置 (格納装置) は、空のスプールが切り替えられる間、最大3分間ラインに供給するのに十分なケーブルを格納することができます。
  • 高速なスプール切り替え-上下のプーリーが同時に動いて、巻戻しスプールが交換されると、ケーブルを解放します。
  • 自己モニタリング - タッチスクリーンモニターとインタフェースが自己診断と状態モニタリングを提供します。
説明

お問合せと購入

巻戻しシステムケーブル加工機の詳細や、貴社の厳密な要件の照会は、弊社のエキスパートに今すぐご連絡ください。

連絡先:042-401-6586 弊社へのメッセージ送信