専門家に問い合わせる: +81-42-401-6586

自動化Mercury

生産性を最適化するため、Mercury レーザーワイヤーストリッピングテクノロジーを最大限に活用できるように、弊社ではカスタムオートメーションソリューションを提供しています。

用途によっては、ワイヤーをスプールから直接取り出し、自動プロセスでレーザーによって加工し、カットできます。これは単一導体に最も有効です。

次のような2つの主要オプションがあります:

  • リール・トゥ・カット - Mercury を Schleuniger または類似のカット・トゥ・レングスのシステムと統合して、スプールのワイヤーをレーザーで加工し、カットできるようにします。
  • リール・トゥ・リール - Laser Wire Solutionsには、ワイヤーの巻戻し、レーザー加工、および再巻取りのトータルソリューションがあります。極細ワイヤーに最適です。
用途

Mercury-2 モデルと Mercury-4 モデルは、オートメーションが利用できます。詳細については、個々のモデルを参照してください。

材料

すべての Mercury システムはポリマー絶縁体の除去が可能です。レーザーでは、あらゆるポリマー絶縁体をカットできます。溶融、気化または化学分解の量は使用されているポリマーによって異なります。以下に除去することができる主な材料をリストします。

  • PTFE、ETFE、PFAなどのフッ素重合体
  • ポリエチレン
  • ナイロン
  • シリコン
  • ポリ塩化ビニル
  • ゴム
  • マイラー
  • ファイバーグラス
  • ポリウレタン
  • ポリエステル
仕様

Mercury-2 モデルと Mercury-4 モデルは、オートメーションが利用できます。詳細については、個々のモデルを参照してください。

Category:
説明

お問合せと購入

自動化された Mercury ケーブル加工機の詳細や、貴社の厳密な要件の照会は、弊社のエキスパートに今すぐご連絡ください。

連絡先:042-401-6586 弊社へのメッセージ送信

こちらもおすすめ…