専門家に問い合わせる: +81-42-401-6586

Mercury-2

Mercury-2 は、サイズが0.025 mm – 5 mmの様々なポリマーで絶縁されたワイヤーを除去するLaser Wire Solutionsの主力レーザーケーブル加工機です。レーザー光はケーブル導体で反射するため、導体に傷を付けたり、削り取ることはありません。

 

主な特徴:

  • 複数のワイヤーを1回で除去することができる127 mm x 178 mmの大きな作業領域。
  • ワイヤーをより高い精度で配置する標準治具プレート。ただし、必要に応じてカスタム治具を設計して、貴社特有のワイヤー仕様に合わせることができます。
  • ワイヤーの周りを360度除去することができる (ワイヤーを上から下に連続して除去する) デュアルレーザーフォーカスノズル。
  • 2軸 (X と Y) 動作により、クロスカット、ウィンドウ除去、スリット付きクロスカット (簡単なジャケット除去のため) が可能です。
  • 密封レーザーテクノロジーにより保護装置のない作業フロアでも安全に使用できます。
  • タッチスクリーンを使用し、プログラム済み除去パラメータによる簡単な操作。
  • 実質的にメンテナンス不要。標準電源による稼働。
用途

除去タイプ
Mercury-2 の2軸光学系により、以下のような適応性のあるワイヤー除去が可能:

Mercury-2_wire_types2

上から下に:

  • クロスカット:レーザーが絶縁体の残渣を分離 - 二番目の操作としてオペレータが引き抜く。
  • スリット:レーザーはクロスカットを行うが、絶縁体に沿ってスリットも入れ、長い絶縁体を除去するのを助ける。特にケーブルジャケットに使用される。
  • ウィンドウ:スリットに似ているが、絶縁体のウィンドウセクションを除去できるように2つのクロスカットが作られる - 特にシールドに取り付けるため、ケーブルのシールドへのアクセスに使用される。

ケーブルタイプ

Mercury-2 は、メカニカルな刃が損傷をあたえる可能性がある場合の、絶縁体とワイヤーの処理に最適です。例えば:

  • シールドされた多導体ケーブルからのジャケットの除去
  • 高性能マイクロ波ケーブルからのジャケットと誘電体の除去
  • 2軸ケーブルのアルミメッキマイラーホイルをカット。

材料

Mercury-2 システムでは、全てのポリマー絶縁体を除去することができます。溶融、気化または化学分解の量は使用されているポリマーによって異なります。以下に除去することができる主な材料をリストします。

  • PTFE、ETFE、PFAなどのフッ素重合体
  • ポリエチレン
  • ナイロン
  • シリコン
  • ポリ塩化ビニル
  • ゴム
  • マイラー
  • ファイバーグラス
  • ポリウレタン
  • ポリエステル
仕様
ケーブル最小外径 0.025 mm
ケーブル最大外径 5 mm
除去長増分 0.1 mm
除去タイプ クロスカット、スリットおよびウィンドウ
最大除去長 125 mm
速度 250 mm/秒まで
ケーブルのローディング 治具プレートから - 一度に10ケーブルまで
寸法 (長さ x 幅 x 高さ) 720 x 620 x 1000 mm
その他の情報

Laser Wire Solutions Mercury 2 は、外径サイズが0.025 - 5 mmまでのワイヤーとシールドケーブルを除去できます。レーザーはワイヤー/ケーブルの絶縁体によって強く吸収され、溶融や気化を引き起こします。上から下に除去することにより、絶縁体の残渣は主体のワイヤー/ケーブル絶縁体から分離できます。残渣は、ワイヤーストランドをまとめておくため、残しておくことができ、終了直前にオペレータが引き抜くことができます。レーザー光はワイヤー導体で完全に反射し、導体に傷が付いたり、削り取られることはありません。シールドされたケーブルの場合は、レーザーを使用してジャケットを切除することができます。レーザー光はシールドやアルミメッキホイルで反射します。内部ワイヤー絶縁体を保護するため、シールドは十分に完全性を保つ必要があります (80%を超える範囲)。

主な用途は、メカニカルな刃が損傷を引き起こす可能性があり、絶縁体やワイヤーの処理が困難な場合です。この例には、シールドされた多導体ケーブルからのジャケットの除去、高性能マイクロ波ケーブルからのジャケットや誘電体の除去、2軸ケーブルのアルミメッキされたマイラーホイルのカットなどです。カラータッチスクリーンを使用して、オペレータは希望する除去設定 (レーザー出力、除去タイプおよび除去位置) をプログラム済みのライブラリから選択することにより、すべてのパラメータが自動的に設定されます。この独創的なソフトウェアシステムは各レーザーの動きを個別にプログラムする必要がなく、複雑な作業 (ウィンドウ除去のある10本のケーブル) を一握りのパラメータによってプログラムすることができます。

オペレータがタッチスクリーンまたはオプションのフットスイッチにより処理を開始すると、Mercury-2 は除去プロセスを開始します。

ワイヤー/ケーブルは設定可能な治具プレートにより所定の位置に保持されます。1回の操作として10本のワイヤー/ケーブルまで除去することができます。標準治具プレートが付属していますが、必要に応じて貴社要件に対するカスタムプレートを設計することができます。

Category:
説明

お問合せと購入

Mercury 2 ケーブル加工機の詳細や、貴社の厳密な要件の照会は、弊社のエキスパートに今すぐご連絡ください。

連絡先:042-401-6586 弊社へのメッセージ送信

こちらもおすすめ…