自動化Mercury

生産性を最適化するため、Mercury レーザーワイヤーストリッピングテクノロジーを最大限に活用できるように、弊社ではカスタムオートメーションソリューションを提供しています。

用途によっては、ワイヤーをスプールから直接取り出し、自動プロセスでレーザーによって加工し、カットできます。これは単一導体に最も有効です。

次のような2つの主要オプションがあります:

  • リール・トゥ・カット - Mercury を Schleuniger または類似のカット・トゥ・レングスのシステムと統合して、スプールのワイヤーをレーザーで加工し、カットできるようにします。
  • リール・トゥ・リール - Laser Wire Solutionsには、ワイヤーの巻戻し、レーザー加工、および再巻取りのトータルソリューションがあります。極細ワイヤーに最適です。

[accordions id=’3347′]

Don't forget to save your research!

Fill out the form below, and we will email you the key information you’ve researched for your project.

By submitting this form you agree to our Privacy Policy. 
Contact Information
Wire/Cable Information
Research information